本文へ移動

いちご保育園ブログ

「戸外遊び」 ぞう組(5歳児)

2021-01-26

まだまだ冷え込む日が続いていますが、戸外からは、子どもたちの元気な声が聞こえてきています!

 

ぞう組(5歳児)さんは、気温や体調に合わせて衣服の調整をするなどし、

寒い冬に風邪をひく子も少なく、体力がついてきています。

元気に保育園に通ってきてくれることが、嬉しいです☆彡

 寒い日だからこその楽しみも発見し…

霜に気付いて、「氷だー!」と喜ぶ声が☆

しかし、小さい霜はすぐに溶けてしまい…

「そうだ!バケツに水を入れて置いておこう!」という声が出ました!

 

 

バケツに水を張り、毎朝「氷になってるかな~?」と確認していた子ども達。

 すると…3日後のとても寒い日に氷になっていました!

一緒にいれていた葉っぱにもおもしろい形で氷が固まっていて、いろいろな角度で見たり、太陽に照らしてみたり…

様々な触れ合い方が見られました♪

また、「さむい~」と言っていたお友達に「体を動かすと良いよ!」とのアドバイスをきっかけに、縄跳びがブームに☆彡

「何回とべたかな?」と表にシールを貼っていくことで、目標をもって取り組んでいます♪

 ぞう組さんの現段階の最高記録は、前とび500回です。

 寒い冬だからこその戸外での様々な遊び方を自分たちで発見し、楽しみながら、冬を乗り越える事ができそうです!

TOPへ戻る