本文へ移動

いちご保育園ブログ

「3月12日 お別れ会の様子」(3歳以上児)

2021-03-22

いちご保育園では、3歳児1人+4歳児1人+5歳児1人=3人のグループで、保育園内での兄弟姉妹のような関係作りとして、“てつなぎ”という活動を行っていました。

 

てつなぎのグループで、午睡→おやつまで一緒に行動してきました。

「おやつ食べにいくよ~」と午睡から目覚めるように声をかけて、トイレにも促し、やさしく待っている様子も  

 

てつなぎのグループのお友達が全員揃うと、おやつへ  

おやつもどれを食べたいか、ひとりひとりに選ぶよう促し、会話をしながらおやつへ向かっていました。

時には「行きたくない~  」と涙するねこ(3歳児)・ぱんだ(4歳児)組さんに、戸惑いながらも関わり、声のかけ方など様々な方法を試す様子も見られました。

 

そんな てつなぎさんのグループで過ごすのも、卒園式の前日の12日(金)が最後でした。

卒園式後からは、来年度の新しいてつなぎのグループで過ごします。

 

それで、「お別れ会  」を実施しました。 

まずは、ぱんだ組(4歳児)さんが代表して、「送る言葉  」のプレゼントです。

「送る言葉」は、ぞう組(5歳児)さんに何を伝えたいかを子どもたちと話し合って決めました。

思い出を振り返り、感謝を伝えるステキな言葉でした  


ぞう組(5歳児)さんは、嬉しいような寂しいような…

ぱんだ組(4歳児)さんを心の中で応援し見守るように…

様々な表情をして真剣に聞いていたことが印象的でした。

次に、ねこ組(3歳児)ぱんだ組(4歳児)より、「いちご保育園 園歌」と「メダル」をプレゼントしました  

お世話になったてつなぎさんにメダルを渡して、握手をしたり、ハグをしたりしながら、「ありがとう」「だいすき」「いっぱいあそんだね」と伝えたい言葉がどんどん出てきていました。

思い出を振り返っていると…

涙が出てくるお友達の姿もありました  

最後は、ぞう組(5歳児)さんが卒園式で行う「思い出の言葉」と「歌 おおきくなったよ」を披露しました  

さすがぞう組(5歳児)さん  

背筋を伸ばして堂々と前に立ち、大きな声で披露する姿に、ねこ(3歳児)・ぱんだ(4歳児)組さんは見入っていました  

 

1年間、ぞう組(5歳児)さんとともに過ごし、優しく教えてくれたり、お手本となってくれたりする姿に憧れていたねこ(3歳児)・ぱんだ(4歳児)組さん。

 

お別れ会では、ひとりひとりが気持ちを伝えたり、思い出を振り返りながら感謝を伝えたり…

それぞれの子の心の成長を感じられるとても良い会となりました。

また、次からは、「ぼくたち・わたしたちがおしえるね!おてほんになるね!」

と保育園での最年長へ進級するのだと心が動き出したようです  

 

今年度も、もう少し。

たくさんの成長を見せてくれた子どもたちと一緒に子どもの気持ちに寄り添いながら、進級に向けて過ごしていきたいと思います  

TOPへ戻る